10<< 2017/11 >>12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-06-26 (Thu)
先月で、息子は3年間通ったカレッジを修了し、
今は既に夏休みに入っています

(実は、単位が足りなくて「卒業」は出来ないのですが、足りない単位は後から再受講するかオンライン受講で取得できるので、本人がその必要性を感じたら再受講するそうです・・・)

夫と私も、息子の「専用運転手」からやっと引退させていただきました。

学校は一応修了した息子・・・。
「これからどうするのか?」と思いきや、

いきなり「日本に行く!と言い出しました
遊びに行くんじゃなくて、出来れば長く滞在して仕事も見つけたい・・・とのこと!!

夫&私・・・ もうビックリです

詳しいことは、お話しすると長くなるので、
ここには簡単に書かせていただきますが、

自分の将来を考えたときに、日本の良さを知っている息子は、
どうしてもカナダで「自分が楽しめること・勉強になること」を見つけるのは難しい・・・
と思っていることは、私もずっと前から知っていました。

息子は「日本語はしゃべれるけれど、読み書きができない」自分を受け入れてくれるチャンスがどこかにないか・・・と、自分でいろいろと探して、沖縄のある団体でインターンとして労働体験をさせてくれるところに出会いました。

沖縄に滞在しているアメリカ人の方が経営しているこのプログラムは、
主に外国人を対象としていますが、
日本国籍を持っている息子も受け入れてもらえることがわかり、
ここでまず4週間の「労働体験」をさせていただくことになりました。

普通は、このプログラムが終わると「はい、おしまい」という感じで、
参加者は恐らく自分の国に帰るとか、日本のその他の地域を旅行するなどするのでしょうが、
息子は、この4週間の間に「就職先」を見つけようと思っているようです。

「逃げ道を作っちゃいけないっ!」と背水の陣を敷き、航空券は片道切符のみ購入して、
本人なりに覚悟を決めて出かける・・・とのこと!

ここで、またまた
夫&私・・・ もうビックリです


私自身も20代初めに、自分で計画してサッサと外国に飛び出して来てしまった身ですから、
息子に「ダメ!」とは言えません

子供がいくら可愛くても、いつかは「自立」してくれないと困りますから、
これが「喜ばしいこと」なのは、頭の中ではよ~くわかっているんです。

でも・・・、でも・・・、やっぱり寂しいです。
先月父を亡くして、自分の中にちょっとした喪失感が生まれてしまい、
それから間もなく息子が、こうして巣立ってしまうことになってしまったので、
また自分の中の「何か」が失われてしまうような感じがしてしまうのです。

本当は「失う」んではないんですけれどね・・・
自分がいかに「子離れ」できていないか・・・が、よ~くわかりました(笑)。

きっと私自身が「成長させてもらえる」チャンスなんだなぁ・・・


私は沖縄には一度も行ったことがありませんが、
最近、知り合いの人が入れ替わり立ち代り訪れている感じで、
楽しいお土産話はたくさん聞いています。

独特の文化を持ち、人々がおおらかである所・・・らしいので、
そんな場所で、息子が自分の夢を実現できたらいいなぁ~と思います。
少なくとも4週間は、貴重な体験をさせていただけることは間違いないので、
後悔のないように頑張って来てもらいたいと、夫も私も願っています。

あと1週間で巣立って行く息子に、エールを送ります



・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・


今年の3月に20歳になった息子に、
幼い頃からの写真をコラージュして、こんなモノを作ってみました♪

(全く子離れできていない親バカですみません・・・。)



20th birthday (600x450)




関連記事
| 家族のこと | COM(4) | TB(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。