03<< 2017/04 >>05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-09-23 (Wed)
ご無沙汰してしまいました

「今日はブログを書かなくちゃ・・・!」と思いながら、野暮用などでついつい後回しになっちゃって、気が付いたらもう9月も下旬ではありませんかっ・・・

例年は、この時期ですと、すでに紅葉が始まり空気も澄んで過ごしやすくなるのですが、今年はなぜか、紅葉がなかなか始まりません!
空気は澄んで秋晴れの日も多いのですが、なぜかどこの葉もぜんぜん色が変わらないのですよ・・・
私達の知らないところで、自然にもなにか異常が起こっているのかしら・・・?
と不安になるほどです。


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..


さて、もうずいぶん前の話のような感じになってしまいましたが・・・

今回の帰国では、5月から実家に居候している息子と約1年ぶりで再会しました♪
私が日本に到着した6月下旬には、まだ仕事もしていなく、横浜・東京のあちこちに気の向くままに出かけたりして過ごしていたようです。

5月に沖縄を離れ、すぐにどこかでアルバイトをしようと思ったらしいのですが、なかなか上手く行かず、ダラダラと過ごしているうちに月日が流れてしまったようでした

私が到着して(羽田空港まで一人で迎えに来てくれました♪)すぐに義姉のことでバタバタとしてしまったので、息子もいろいろ手伝ってくれて助かりました。

その後は、お互いの都合の合うときは一緒に時間を過ごし、私から見ると「1年分の話(?)」をたっぷりとさせてもらった感じです。

ただ、息子自身はダラケ癖がついてしまったのと異常な猛暑のお陰で、何に対しても「やり甲斐」を感じられなくなってしまったようで、私もなるべく相談に乗ってはいましたが、実際に動かなくてはいけないのは息子自身・・・。
「どうしたものか・・・。」と私の方も悩んでしまいました。

私もあまりの暑さでヘロヘロになりましたが(笑)、今回の帰国を機に「ぜひ会いましょう」と言ってくれた友人・知人たちとの再会は、私自身にとってはとても良い気分転換になりました。

その中の一人・・・中学時代の同窓生でおよそ35年ぶりに再会したある男性が、「知り合いが横浜の某ホテルの飲食&宴会部長をしているけれど、紹介してあげようか?」と声をかけてくれたのです


*実はこの男性、中学時代に同じクラスになったこともなく、話すらしたことのない同窓生で、ただお互いの顔と名前は知っていた・・・程度の人なのですが、2年前にフェイスブックで他の同級生たちと繋がったことがキッカケで、その人とも「お友達」になりました・・・という経緯で再会した人なんです。
フェイスブック上で、私が「親ばか」して(ここでもやっていますが・・・笑)息子のことを時々話題に出していたので、それを読んでくれていたのだと思います。



息子は当初あまり乗り気ではなかったのですが(とにかくダラケていたので、何に対してもこの時期は乗り気ではありませんでした・・・)、「何が起こるかわからないから、面接だけでも受けてみたら?」と私も必死に(?)息子の背中を押し、「まぁ、暇だからいいか・・・」ということで、面接を受けられるようにその同窓生に段取りをとってもらいました。

同時に「沖縄を離れなければよかった・・・。」とも言うので、「それじゃあ、沖縄に帰ってもいいのよ。」と選択肢を与えましたが、一応横浜での面接に出かけていきました。

先方さんは、息子のことを大変気に入ってくれたようですが、息子は「数日考えてお返事します。」と言って帰宅してきました。

結局、横浜でしばらくチャレンジをしてみることに決めました。
(嫌だったら、沖縄にいつでも帰れるから・・・と思ったそうです。)

私がカナダに帰る1週間ほど前に決まったことです
とりあえず、一安心・・・

通勤に片道1時間かかり、シフトも日によって違うし・・・、おまけにそれまでの約3ヶ月間は仕事をしていませんから、体力&気力共に最初は慣れるのが大変だったみたいです。

私がカナダに帰ってきてからも「大変だぁ、もう辞めたい」としばらくブツブツ言っていましたが、働き始めて1ヶ月近く経ったらようやく慣れてきたのか、「少し楽しくなってきた♪」と話してくれるようになりました。

夫と二人で安堵のタメイキ・・・


フェイスブックで「親ばか」丸出しにしたお陰で、こんなご縁をいただけるとは・・・夢にも思っていませんでした。
世の中、何が起こるか・・・本当にわからないものですね~。

今回の帰国でさまざまな「再会&新しい出会い」があり、それぞれが素敵な思い出となりました。
これからまた「どこで・誰と・どんな」繋がりが起こるのかはわかりませんが、楽しみでもあります。

これからも人との出会いは大切にして行きたいなぁ~、と思っています。
今までめぐり会えた全ての方に感謝しています。

ありがとうございます


は、私が日本を離れる前に羽田空港で息子と撮った写真です。
(2ヶ月も一緒にいたのに、二人で撮った写真はなんとこの1枚だけでした~)

IMG_4439.jpg



長々とお読みくださり、ありがとうございました。

皆様、どうぞお元気で~




関連記事
| 家族のこと | COM(2) | TB(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。