03<< 2017/04 >>05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-06-22 (Fri)

ちょっと前のお話ですが・・・、

我が家のベランダに鳥が巣を作りました。

IMG_1248 (551x600)
これは母鳥で卵を温めているのだと思います。


巣そのものは高いところにあるので、巣の中がどうなっているのかまではわかりませんでしたが、
キッチンで炊事をしていると、親鳥がどんなことをしているのか・・・で、雛が孵ったかどうかもわかりました。

結局雛は4羽孵り、日に日に成長をして行きました。
その成長ぶりを毎日眺めるのが楽しみになりました♪

「そろそろ巣立ちをする頃かな~?」と思っているうちに
いつの間にか3羽が巣立ってしまい、残りは1羽となりました。

でも、このひな鳥ちゃん、2日くらい一人でポツンとしていてなかなか羽ばたこうとしないのです。

鳥の赤ちゃん

最初は巣から出ることなく、兄弟がいなくなった後、一人で巣を占領しているのを楽しんでいるようにも見えましたが(笑)、ひょっとしたら足とか羽が折れてしまって飛べないのかも・・・と心配にもなりました

でも、こうして巣から飛び出してチョンチョンと歩いていたので、
足にはどうも異常はないようです・・・

こうやってずっと外の世界を見つめている姿がなんとも可愛らしく
「巣立ちしていった兄弟たちのことを想っているのかしら~?」などと私たちも考えました。


鳥の赤ちゃん②


息子と二人でしばらく観察していたら、
意を決したのか、いきなり羽ばたき始めたのです

初めはがむしゃらにバタバタとしていましたが、無事に地面に着陸!
それからしばらくして、どこかに飛んで行ってしまいました。

息子と二人で、なんだか心がほんわかしてしまって
写真も撮らずにしばらく「雛鳥が元気に兄弟と再会できるといいね・・・」などと話していました。

18歳の息子・・・
小さい頃から可愛い生き物が大好きで、今でもこういう情景に出逢うと「小さな男の子」に戻って私とこういう会話が出来てしまいます。

「早くあんたも巣立ちなさい!」と思う反面、
「そんな日がいつまでも来なかったらいいのに・・・。」とも考えてしまう私
フクザツな気持ちです・・・。

小さな鳥の家族との出会いで、
いろいろと考えさせられました。



関連記事
| ひとりごと | COM(0) | TB(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。